ほにゃぺち!
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

2005年09月分

2005年09月30日(金)

●グレン・リベットを語る

今回は個人的に全20種の中で1番使っているカードだと思われる、グレン・リベットについて語りたいと思います。

何故にグレン・リベットが使えるかというと、使用コスト:白1なのにパワーが4000なところです。
ユニットとしてよりも相手ユニットに4000ダメージを与えるストラテジーのように活躍する場合が多いです。
しかも、クリスタル・フォートレスがあればさらに+2000です。
しかし、こんなグレン・リベットもスマッシュ0という弱点はあります。
お陰で敵軍エリアまで進軍しないとスマッシュを与えられませんが、意外に思い切って敵軍エリアまで進軍しても良いのかも知れません。
現環境だと、とりあえず入れておいても損はないカードだと思います。

2005年09月29日(木)

●プラズマキッド・ドラゴンを語る

好評な出だしを迎えたディメンション・ゼロですが、個人的に全20種の中で1番使えないカードだと思われる、プラズマキッド・ドラゴンについて語りたいと思います。

何故にプラズマキッド・ドラゴンが使えないのか?それは理由は彼の能力あります。
プラズマキッド・ドラゴンの能力は「このカードがスクエアに置かれた時、同じラインのスクエアにあるすべてのユニットに1000のダメージを与える。」もので、一見すると使えそうな能力ですが、もれなく自分もダメージを喰らいます。
その能力のお陰でプラズマキッド・ドラゴンはパワー3000にも関わらず、パワー2000のユニットと相打ちになってしまうのです。
じゃあ、使用コストや移動コストが他のユニットより優れているかというといたって標準です。
こんな良い所なしのプラズマキッド・ドラゴンは現環境で能力を上手く活かすことは出来ません。
しかし、環境が整えばプラズマキッド・ドラゴンが活躍する日が来るかもしれません。
それまではしばらく眠りについてもらいましょう。

2005年09月28日(水)

●ルールサマリー

エイジのルールサマリー第1稿を見てみました。
ルールサマリーといってもピンとこなかったのですが、その行動や状況について細かく説明してありました。
これがあれば、わざわざQ&Aから探さなくてもある程度の疑問なら解決できそうですね。
まだ、第1稿ということで足りない部分はありますが、これから充実していくことでしょう。
なんにせよ、エイジがプレイし易い環境になることは良いことです。

あと、構築済デッキのキャラクターが公開されていました。
WIZ−DOMのキャラがかなん先生でした。
個人的には翼の生えた蘭○さんの方が使いたかったので、そちらが構築済で発売されてほしかったですが、仕方がないです。
どちらにしても、両方とも回収対象なので他のみなさんは他のキャラで構築してくださいね。

2005年09月27日(火)

●Can you feel crying alone?

W〜ウィッシュ〜より、泉奈と春陽です。
今回もGA同様、お久しぶりなW〜ウィッシュ〜です。
デザインはやっぱりですが、よろしければお持ちください。

●10月28日はカード日和

なんでも、ディメンション・ゼロのベーシックパックと同時発売の予定だったストラクチャーデッキが10月28日に発売されるそうです。
今回は「青の大陸」と「緑の大陸」のカードを収録した内容だそうです。
先日発売されたストラクチャーデッキだけではカードが足りなかったのでとてもありがたいです。
しかし、10月28日となると「魔術師の呪文」と同じ発売日ですね。
まさか、発売日が被ってしまうとは…。
どちらを優先させれば良いものか悩んでしまいます。

2005年09月26日(月)

●明日に架ける夢

幻星神ジャスティライザーが最終回を迎えました。
最後までツッコミどころが満載の素晴らしい作品でした。
私はジャスティライザーという特撮史に残る迷作?に出会えて本当に良かったと思います。
次回からは超星神シリーズ第3弾「超星艦隊セイザーX」がはじまります。
セイザーXもどんな作品になるのか今からとても楽しみです。
それにしてもPS2のジャスティライザーはどうなったのでしょうか?
まさか、開発中止なんて事はないですよねコナミさん?

2005年09月25日(日)

●D-0をプレイしてみた

今回は先行発売されたストラクチャーデッキを使用して対戦しました。
最初のうちはルールを覚えながらなのでカードの運用がイマイチだったのですが、回数を重ねるうちに白熱した対戦をおこなえるようになりました。
個人的には相手の手札、エネルギー、ユニットと自分の手札、エネルギー、ユニットを比べてどのように運用していくのかを考えるのがとても楽しいです。
また、スマッシュが7点溜まると負けるのですが、スマッシュが6点でも逆転勝利が可能だし、逆にスマッシュが3点だからと油断していると逆転負けといこともあるので常に緊迫した対戦が楽しめます。
なんにせよ、期待していた通りの面白さで満足です。
唯一、不満があるとすれば、カードの種類が少なすぎることです。
まぁ、先行発売なのでしょうがないのですけど、ベーシックパックの発売が待ち遠しいです。

2005年09月24日(土)

●D-0をはじめてみる

待ちに待ったディメンション・ゼロをプレイする日がやってきました。
Tomo@kiさんにディメンション・ゼロを教えてもらってからプレイが確定するまでにそんなに時間はかかりませんでした。
あれから約1ヶ月、とても長く感じました。
それにしてもカードゲームを発売前からこれほど期待しているのは初めてですね。
期待が高すぎるので逆に不安を感じますが、楽しみたいと思います。
蛇使いに嫌気がさして、始めたLyceeですがとても楽しかったです。
ただ、エラッタが多すぎる、イベントとアイテムが死にカードになっているなどの理由からLyceeをほぼ引退していました。
ということで、明日の日記はディメンション・ゼロについての感想を書きたいと思います。

2005年09月23日(金)

●ありがとう、Lycee

改善が見込めるようなら復帰しようと様子を伺っていたのですが、これ以上の改善は望めないと判断して引退を決意しました。
よい素材だけあってとても残念ですが、新しいカードゲームでも探してみたいと思います。
最後に観鈴の能力についてオフィシャルの掲示板で討論されていましたが、カードの名称ぐらいちゃんと確認してから書き込んで下さい。
Lyceeの観鈴は美鈴ではありません。

2005年09月22日(木)

●また、お亡くなりになられました

テレビで「決定!史上最強アニメランキングベスト100 」なる番組がやっていました。
こういうアニメランキング的な番組がやると必ずといっていいほどにあるお方たちがお亡くなりになります。
彼らの最後を看取るために番組を見ていましたが、案の定お亡くなりになられました。
そりゃ、トールとニコルも真っ青な回数です。
感動するのは判るのですが、いい加減殺しすぎだと思います。

2005年09月21日(水)

●魔術師の呪文 構築済デッキ

もしかしたら、構築済は発売されないかと心配していたら発売されるみたいですね。
SagaI&II環境では1ヶ月前ぐらいに構築済が先行発売されていたのですがSaga3になってからエキスパンションと同時発売になったみたいですね。
今回はWIZ−DOMと極星帝国のデッキだそうです。
キャラクターはメインビジュアルのキャラクターらしいので、どちらはかなん先生だと思うので、とても楽しみです。

2005年09月20日(火)

●一緒に出掛けよう

ギャラクシーエンジェルより、桜葉姉妹とナノナノです。
ものすごく久し振りのGA作品ですがデザインの方は相変わらず。
それでもよろしければお持ちください。

●桐矢とキリヤ

仮面ライダー響鬼に新キャラとして転校生の桐矢くんというキャラがいるのですが、この「きりや」という名前がずっと引っかかっていました。
気になってから夜も眠れる日々を過ごして、やっと答えに辿り着くことが出来ました。
プリキュアにキリヤくんという同名のキャラがいたことを思い出しました。
これで、今日からぐっすりです。

2005年09月19日(月)

●桜之杜

ちょっと前から「東京魔人学園 剣風帖」をプレイしていたわけですが、やっとクリアしました。
本当はサクッとプレイしてサクッとクリアしようと思っていたのですが、なんだかんだでそれなりにやり込んでしまいました。
無駄に主力メンバー行動力99化計画を実行に移したお陰で、最後の方は必ず1ターンでクリアできるほどの驚異の行動力となりました。
ただ、主人公と御門の行動力を上げるのがちょこっと大変でした。
私が使用していた主力メンバーを紹介しましょう。
主人公、京一、美里、醍醐、小蒔、紫暮、翡翠、壬生、村雨、御門です。
真神5人組、紫暮、翡翠は前回も名前を連ねていたので、壬生、村雨、御門が今回の新メンバーです。
本当は御門を紗夜ちゃんにしようと思ったのですが、誰かさんが「御門を使え」ってうるさいので御門になりました。
内容もほとんど忘れていたので新鮮な気持ちでプレイできてとても楽しかったです。
昔のゲームを久し振りに遊ぶのも中々、楽しいものだと思いました。

2005年09月18日(日)

●僕らは陽気な洗車屋さん

今日は1日とてもよい天気でした。
ということで、久し振りに車を洗いました。
車を洗うのはかなり久し振りだったので相当汚れていました。
お陰で洗うのにかなりの時間を費やしましたが、その甲斐あってとても綺麗になりました。
今度からは定期的に洗おうと思いました。

2005年09月17日(土)

●絶対領域の扉

「ギャラクシーエンジェルII 絶対領域の扉」の発売日が決定しました。
2006年2月23日発売だそうです。
価格は通常版が7,140円でデラックスパックが9,240円です。
デラックスパックには特典CDやブックレットなどが付くそうです。
副題がついているので、もしかするとGAのように続編を意識して作成されているかもしれませんね。
なんにしても発売日が楽しみです。

2005年09月16日(金)

●片手コントローラー

昨日に引き続き、新型ハードの話題になります。
今回は任天堂レボリューションのコントローラーのお話です。
レボリューションのコントローラーは片手操作のリモコン型だそうです。
イメージとしてはテレビなどのリモコンに十字キーやボタンがついたような感じですね。
オプションとしてフリースタイルコントローラーやクラシックコントローラーなどもあるそうです。
テレビ上の位置や距離などを検出するらしいのですが、片手操作だとゲームに制限を掛け過ぎるような気がしますが、一体どんなゲームが発売されるのでしょう。

2005年09月15日(木)

●Xbox 360の発売日が決定

本日、Xbox 360の発売日と価格が発表されました。
パッケージも通常パッケージと初回限定パッケージがあるそうです。
発売日は12月10日で、価格は通常、初回限定ともに39,795円だそうです。
初回限定パッケージは通常パッケージの内容に加えてヘッドセットが附属しているそうです。
発売日に7本ソフトが発売されるそうです。
XboxでコケたマイクロソフトがXbox 360でどれほど巻き返せるのか楽しみです。

2005年09月14日(水)

●ガチャポン戦士再び

年末にGCでガチャポン戦士の最新作が発売されるそうです。
収録作品は「ガンダム」〜「ガンダムSEED DESTINY」までだそうです。
まだ、詳しいことは判っていませんが今から楽しみです。
ガチャポン戦士といえば「SDガンダム GNEXT」をよくプレイしました。
みんなで泊り込んで朝までプレイしたいたのを覚えています。
私はリガ・ミリティアとクロスボーン&ザンスカール連合軍を必ず選択していましたね。
収録作品としてはWガンダムまでだったのですが、そのWのガンダム連中が無茶苦茶強くて、Wのガンダムは1人1体までしか生産できないなどの制限を設けて対戦してました。
あと、GNEXTは拡張ROMなるものが存在していてそれがあると使えるユニットが増えるのですが、Vガンダムのユニットも結構追加されていて1人で喜んでました。
今となっては懐かしい思い出ですね。
なにはともあれ、Vガンダムのユニットがそれなり充実していてば何も言うことはありません。

2005年09月13日(火)

●PCC-友達編- その5

ぱすてるチャイムContinueより、エリーゼです。
前回同様のデザインですがよろしければお持ちください。
今回でPCC-友達編-は終了です。
次回はPCCじゃないと思います…。

●蛇使いの杖プレゼント

今度、今度と先送りにしていたら今月末が応募締め切りでした。
早速、今日中に蛇使いのキャンペーン用紙に記入しようと思います。
まぁ、カードは別にいらないのですがテレカが欲しいですからね。
といわけで、誰かさんも応募を忘れないようにお願いします。
テレカはAコースで応募しますので、キミはBコースで応募してください。

2005年09月12日(月)

●発売されるみたいで安心しました

かなり、前に電撃にちょこっとだけ紹介されたゲームで「大神」という作品がありました。
個人的には中々面白そうだと思って期待していたのですが、それ以来、ほとんど情報がなかったのでまさかの開発中止になったのかと懸念していました。
しかし、開発は続いていたようで2006年春に発売予定だそうです。
危うく「さるかにハムぞう」や「時をかける少女」の二の舞になるかと思いましたよ。

2005年09月11日(日)

●ナイスタイミング

昨夜、友人から「食玩のトラベリオンが売っていたので購入しました。まだ、未開封なのでほしければ連絡ください。」といった内容のメールを貰いました。
昨日の日記を見てもらえば判るとおりすでに購入したあとでした。
それを知った友人は腹いせにトラベリオンを組み立ててそのデキの良さに酔いしれたとのことです。
これで誰かさんも食玩のトラベリオンを購入していたら面白いのですけどね。

2005年09月10日(土)

●ゴーゴーゴルディーロ

この前の集会で話題になった食玩のトラベリオンを購入してみました。

まずは、列車状態の魔法特急トラベリオンエクスプレスです。
ヘッドトレイン、リニアトレイン、カーゴトレイン1、カーゴトレイン2、カーゴトレイン3、カーゴトレイン4の6両で構成されています。

次は、魔法鉄神トラベリオンです。
魔法特急トラベリオンエクスプレスが合体すると魔法鉄神トラベリオンになります。

ちなみに足を伸ばさないとDXに近い体型なります。
直立立ちならこちらの方がバランスがいいかも知れません。

両足のカバーが開くと、ちゃんとリモートライナーも収納されています。

くらえ!スチームバズーカー!
なんと、食玩はスチームバズーカーの発射体勢を取れるのです。
まさにDXを越えた瞬間です。
スチームバズーカーはトラベリオンの頭部のから蒸気が噴出されるだけの技で、蒸気の塊を相手にぶつけるなんていう気の利いた性能はありません。

必殺!デストラクション・ファイヤー!
デストラクション・ファイヤーは胸部ある発射口から炎が出るのではなく、発射口から敵を吸い込んで炉に閉じ込めて燃やしてしまう技です。
そして、最近使うようになったデストラクション・ファイヤー逆噴射は発射口から炎が出ます。

食玩の方もDX同様、マジキングやウルカイザーと合体することが出来ます。
ウルカイザーは購入し損ねたので、マジキングとの合体しかありませんけど。

総評はするまでもなく、素晴らしいデキでした。
最初はちょっと不恰好かと思ったのですが、肘と膝が曲がるお陰でかなり色々なポーズをとることができてカッコイイです。
これでお値段が1,200円はお買い得です。
ハナヨメカイザーことセイントカイザーも発売されるそうなので購入してみたいと思います。
ちなみにDXトラベリオンの紹介はこちらをご覧下さい。

●おまけ

何かが違う、魔法特急トラベリオン?エクスプレス。

何かが違う、魔法鉄神トラベリオン?。

2005年09月09日(金)

●ユリウスモードもクリア

他ごとの合間にちょっとずつ進めたいユリウスモードですがクリアすることが出来ました。
ユリウスモードはユリウス、ヨーコ、アルカードの3人をチェンジしながら戦うのですが、ちょっと辛かったですね。
なんと言っても、アイテムが一切使用できないのでボス戦などで回復が出来ないことです。
蒼真のときは結構アイテムを使ってごり押しでクリアしたときもあったので辛かったです。
あとはアルカードが思いのほか使えなかったということです。
移動する際に使う分にはいいのですが、ボス戦になると使い勝手が悪くて結局、ユリウスかヨーコで倒してました。
なんだかんだとそれなりに楽しめたので良かったと思います。

2005年09月08日(木)

●子供のチャットで口論

小中学生らが利用するチャットルームにわいせつな画像を貼り付けたとして住所不定、無職の男(26)が逮捕されたです。
なんでも、男はインターネットカフェからチャットルームに入り会話をしていたのですが、口論になり、嫌がらせとして女性の全裸写真を1時間以上にわたり貼り付けたそうです。
不正アクセスする小学生にも驚きましたが、いい大人が小学生と口論して、嫌がらせでエロ画像を貼り付けるなんてびっくりです。
どうやら、彼の精神は小学校を卒業することが出来なかったようですね。

2005年09月07日(水)

●Saga3 第2弾

どうやら、10月28日に新しいエクスパンションが出るみたいです。
その名も「魔術師の呪文(スペル)」だそうです。
タイトルが12星座にちなんだ名前じゃなくなりましたね。
ついに12星座を卒業したのでしょうか?
それとも蛇使いの様にプレミアムエクスパンション扱いなんでしょうか?
それはさておき、今回のエクスパンションはファストカードやプロジェクトカードに力を入れているそうです。
また、ファストカードの収録数が従来の2倍になり、代わりにパーマネントカードが収録されないそうです。
前回の対戦で展開力の遅さがネックでしたから、魔術師の呪文でイレイザーの環境がより潤うのを祈るばかりです。

2005年09月06日(火)

●PCC-友達編- その4

ぱすてるチャイムContinueより、ナツミとヒューズです。
前回同様のデザインですがよろしければお持ちください。

●デュエリストの必需品

どうやら、コナミからデュエルディスクが発売されるそうです。
デュエルディスク本体とストラクチャーデッキがついて価格は4800円です。
やはり、無理とわかっていても劇中の様にモンスターやカードの映像が投影される機能が搭載されて欲しかった。
仮に搭載されていたらとんでもない値段になるでしょうが、いつかそんな機能を搭載したカードゲームをプレイしたいものです。

2005年09月05日(月)

●小学生が不正アクセス

オンラインゲームの不正アクセスで中学1年の男子生徒が補導されたそうです。
当時、小学6年生だった彼は他人のIDとパスワードを使用してゲームにアクセスして自分のキャラクターに衣装などをプレゼントしていたそうです。
尚、パスワードは相手のプロフィールから推測したそうです。
動機としてはお小遣いだけでは足りなかったと子供じみた動機ですが、犯罪犯してまでほしくなってしまうものなのでしょうか?
それと「小学生でも推測できるようなパスワードを使うな!」とも思いました。

2005年09月04日(日)

●思わぬ発掘物

友人がコミケにいったときに適当に同人ゲームを買ってきてもらったのですが、その中で思わぬ作品を発掘しました。
その名もタテスクロール対戦型シューティング「Defoli」です。
このゲームはタテスクロールとありますが、スクロールしなかったり、ゲーム中のグラフィックがショボかったり、1人だとすごくつまらなかったり、キャラクターの性能差があり過ぎたりします。
しかし、「Defoli」の面白さは対戦にあります。
単純なルールながら長く遊べる良いゲームです。
さらにネット対戦も出来るので家にいながら友人と対戦できるのは嬉しい配慮です。
機会があれば一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

2005年09月03日(土)

●いつもの集会なのだが…

本日はいつもの定期集会なのですが、ちょっと違うことがあります。
普段は我が家にいつも集まってもらっているのですが、今日は都合により友人の家に集まることになりました。
遊ぶときもいつも我が家に来てもらっているので友人の家に行くのは久し振りです。
それでは行ってきます。

2005年09月02日(金)

●CLANNADのキャストが判明

G'sマガジンにCLANNADのキャストが掲載されていました。

  • 古河 渚:中原麻衣
  • 藤林 杏:広橋 涼
  • 坂上智代:桑島法子
  • 一ノ瀬ことみ:能登麻美子
  • 伊吹風子:野中 藍
  • 春原陽平:坂口大助
  • 藤林 椋:神田朱美
  • 宮沢有紀寧:榎本温子
  • 古河秋生:置鮎龍太郎
  • 古河早苗:井上喜久子
  • 伊吹公子:皆口裕子
  • 芳野祐介:緑川 光
  • 春原芽衣:田村ゆかり
  • 相楽美佐枝:雪野五月
  • 柊 勝平:白石涼子

なんと驚いたことに春原のキャストが坂口さんではありませんか。
以前友人とCLANNADのキャストを勝手に考えたときに春原は坂口さんということに決まったのですが、まさか、あんな自分勝手なキャストが1つでも正解するとは思いませんでした。
他のキャストも豪華で冬の発売がいまから楽しみです。
あと、個人的に残念なのが柊 勝平のキャストが山口勝平さんじゃないことです、同じ勝平つながりとして是非、山口勝平さんに演じて貰いたかったです。
それと幸村のじーさんと朋也くん父のキャストは誰がやるんでしょうね?

2005年09月01日(木)

●ユリウスとヨーコとアルカードと

蒼月の十字架をクリアしました。
ソウル、マップもともに100%を達成しました。
しかし、ソウルを100%にするのが辛かったです。
ゲームとしてはとても楽しかったし、2画面もマップか簡易ステータスを見ながらプレイできたのでよかったです。
しかし、封魔陣システムはDSのタッチペン機能を無理やり詰め込んだ要らないシステムだと思いました。
あとはプレイ時間が短いのも難点ですね。
現在はユリウスモードをプレイ中です。

TOPへ