ほにゃぺち!
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

2009年07月〜12月分

2009年12月31日(木)

●2009年大晦日

早いもので、今年も残すところあと数時間となりました。
今年は今年で色々なことがあったりなかったといった感じです。
主にFFXIにおいてはプロマシアミッションのコンプリート、リンバス・ナイズル島・デュナミスなどのコンテンツ参加など確実に廃人としての階段を駆け上がっていきました。
来年もきっとさらなる高み?を目指して突き進んでいくことでしょう。
その他には思いのほかフィギュアを沢山購入した年でもありました。
今までほとんど購入していなかったのに今年は4体ほど購入をしました。
まぁ、すべてSDXなんですけども。
来年は来年でこれまた色々と興味をそそる物が沢山出るようなので今年以上に物が増えそうです。
そんなわけで、来年も適当にがんばって行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
それでは、皆さん良いお年を。

2009年12月20日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その188

今回は最近進めているアサルトの「ナイズル島踏査指令」で奇跡が起きました。
それは、残り5分ぐらいで最後の90ブロックに到達した時でした。
まさかのペナルティ「白魔法詠唱禁止」の文字、さらに運が悪いことに作戦は「特定モンスターの殲滅 」でした。
誰もが諦めかけていましたが、なんとか時間までがんばることにしまいしました。
目標は幸い「Ebony Pudding」だったのですが、2匹目を倒して時点で目的は達成されず、時間は減るばかり。
そして、3匹目を見つけ戦闘を始めました。
なんとか順調に行けば倒せるかと思いきや、ここで最悪のスリプガ。
全員が睡眠状態になり、白魔法が使えないので誰も起こすことができません。
そしてむなしく流れる「あと残り時間30秒(地球時間)です。」のログ。
誰もが諦めかけたそのとき、睡眠から全員復帰し、コルセアが運命を掛けてワイルドカードを実行!
結果は「III」すべてのプレイヤーのTPが100%貯まり、WSで畳み掛けて「Ebony Pudding」を撃破!
念願の「ブロック90の戦術目標を達成。」のログ。
すばやく、伝送の幻灯を調べて脱出!
残り数秒でなんとかクリア出来ました! さすがにこのときはみんな諦めていたので奇跡的な出来事に興奮冷めやらないといった感じでした。
「ナイズル島踏査指令」も残すところあと10ブロックなので今年中にクリアできればと思っています。


まさに奇跡の瞬間!

2009年12月13日(月)

●ロボット大戦NEOプレイ雑記 その2

やっと、エルドラン勢のロボットがパワーアップしました。
といってもダイテイオーはまだですけどね。
ゴットライジンオーはライジンオーとバクリュオーの気力が120以上で合体可能、グレートガンバルガーはガンバルガーの気力が120以上で合体可能、キングゴーザウラーはゴウザウラーとマグナザウラーとグランザウラーの気力が120以上で合体可能。
グレートガンバルガーは大変お手軽でよいし、ゴッドライジンオーも2体だからなんとかなるけど、キングゴーザウラーが辛いところです。
なんにしてもグレート合体は全部で余分に3体出撃枠をとられますからね。
合体すると出撃枠はあくので、なんとか上手くまわして行きたいと思います。

2009年12月06日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その187

今回はソーサラーコートが手に入り、ロイヤルルダンゴトが必要なくなったので、シーフ用にマルクワルドコルの再取得行ってきました。
メンバーは戦士・暗黒騎士・侍・コルセア・白魔道士・赤魔道士の6人で挑戦しました。
侍が一人でシードクリスタルを相手して、残りのメンバーでコピーの処理をし、ガ系は暗黒騎士が止めるといった作戦です。
一時、侍が魅了されましたが、代わりに戦士が対応して、特に事故もなくクリアすることが出来ました。 これで、船長暗殺がさらに楽になるはずです。


VS.Seed Crystal


当たりさわりのないオーグメント能力です


簡易アンタレスハーネスの完成です

2009年11月29日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その186

前回のバージョンアップで召喚士が強化されたと言うこともあって、今回は最後の召喚獣ディアボロスを取りに行って来ました。
他の召喚獣と同じでディアボロスを倒して契約するとことになります。
このディアボロスはフェンリル同様に難しい部類のBFにはなりますが、ジョブ限定ではありますがソロで撃破報告などもあるので、気楽に挑戦しました。
メンバーは戦士・暗黒騎士・忍者・侍・白魔道士・赤魔道士です。
プロマシア同様に何より怖いのは睡眠とスリップを同時に喰らうナイトメア。
これは暗黒騎士とサポート暗黒騎士の赤魔道士で止めてもらう作戦で挑みました。
前半は問題なく進んだのですが、後半のたたみ掛け時に連続魔スタンの合間を縫ってナイトメアを喰らって、全滅しかけましたが、なんとか持ちこたえてディアボロスを撃破することが出来ました。
これで召喚獣は全て揃ったので、あとは精霊のみとなりました。


ディアボロス再び!

2009年11月23日(月)

●ロボット大戦NEOプレイ雑記 その1

FFXIの合間に少しずつ進めていたロボット大戦NEOですが、やっと待望のマグナムエースが登場しました。
本当に登場したばかりなので使用感はまだ分かりませんが、きっと大活躍してくれることでしょう。
ちなみに現在私が使用しているユニットとしてはライジンオー・ガンバルガー・ゴウザウラーのエルドラン勢、リューナイト・リューメイジ・リュープリースト・リューニンジャのリューナイトメイン4人組、マッハウィンディ・クイーンサイダロン・シグーザールって感じでしょうか?
今回は出撃できなかったユニットは母船に搭載されているので、いつでも入れ替えが出来るので、意外に沢山のキャラを活躍させれます。
難易度的にはそんなに難しくないのですが、1話のプレイ時間が長めなのがちょっと辛いところです。

2009年11月15日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その185

合間合間にレベル上げをしていた赤魔道士がようやくフルAFになりました。
元々レベルの上げやすいジョブだった赤魔道士ですが、新しく追加されたコンポージャーとエン系II魔法のお陰で、さらにレベルが上げやすくなりました。
あとはヴァラーの対象エリアが増えたというのもあります。
色々な要素が絡んであっという間にレベル60を迎えました。
あとはデュエルシャポーを手に入れて装備できるレベルまで上げれば完成です!


比類なき大赤魔道士誕生です

2009年11月08日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その184

前日デュナミス-ウィンダスをクリアしたことにより、ついにデュナミス-ボスディンへの参加条件が揃いました。
そんなわけで今回はデュナミス-ボスディンに行ってきました。
デュナミス-ボスティン・ザルカバードの北のデュナミスはジョブよっては垂涎もののレリックが手に入ります。
そんなデュナミス-ボスティンですが、クリア自体はそんなに難しくなく、個人的にはデュナミス-ウィンダスの方が難しいと感じるぐらいです。
と言うことで、クリア自体は比較的楽に出来ました。
そして、クリアよりも嬉しいのが、熾烈なレリックのロット勝負に勝利して念願の「ソーサラーコート」を手に入れました。
これで、頭部装備不可能な「ブラッククローク」ともおさらばです。
次回はデュナミス-ザルカバードでデュナミスロードを倒して「デュエルシャポー」を勝ち取りますよ!


ついに北のデュナミスであるボスディンに挑戦です


VS.Angra Mainyu


黒魔道士の初レリック!


やはり、リフレシュがありがたい

2009年11月01日(日)

●スーパーロボット大戦NEO

地味に待ち焦がれていたロボット大戦NEOがついに発売されました。
これでシルバーキャッスルが大暴れだ!と思ったいたのですが、色々と調べてみるととてもとても残念な結果に終わっています。
なんとアイアンリーガーで登場するキャラはマグナムエースとマッハウィンディ、そしてゴールド3兄弟だけです。
それはあまりにも酷い仕打ちではありませんか?
ずっとシルバーキャッスルから誰使おうかなとかこのリーガーはこんなユニットだろうとなどと楽しみにしていただけにこのショックは計り知れません。
まぁ、アイアンリーガー以外にも好きな作品が沢山あるのでそちらのユニットが使えるようになったことがよいと言えばよいですが・・・。
やっぱり、納得できないのでした。

2009年10月25日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その183

今回はリンバスに初挑戦してきました。
LSのオーナーからリンバスに行きませんかとお誘いがあったので、いつもの忍者・黒魔道士・赤魔道士の3人で行ってきました。
場所はアポリオンNWです。
今回のリンバスはクリア目的と言うよりもAFの打ち直し素材集めの意味合いが強かったのですが、やっぱり、クリアできませんでした。
ただ、素材としてはLSのオーナーがほしがっていた召喚士の素材が出たのでよかったです。
インターネットなどで調べると2・3人でのクリア報告も聞きますので、慣れればクリアできるでしょう。
目指せ、打倒Proto-Omega!


この後、Cynoprosopiにボコボコにされました

2009年10月18日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その182

今回はついにあのレア装備バルバロッサゼレハを手に入れることが出来ました。
このバルバロッサゼレハは1日1回受けることを出来るクエスト「アシュタリフ号船長暗殺指令」の報酬として手に入れることが出来ます。
バルバロッサゼレハを手に入れる為に忍者・シーフ・赤魔道士の3人で何度も何度も挑戦しました。
最初は時間が足らずに何度も失敗に終わったこともありましたが、今でも5分ほど余裕を残してクリアできるほどになりました。
宝箱を開ける度にバルバロッサゼレハが出ないかとドキドキしたものです。
そして、数え始めて43回目にようやくバルバロッサゼレハを手に入れることが出来ました。
まぁ、失敗や数えていない回数を含めると50回ぐらいになるかも知れません。
しかし、バルバロッサゼレハが出る確率は5%と言われているのにこれほどまでに出ないとは相当運のない連中だなと実感しました。
バルバロッサゼレハはまだ、1つしか出ていないので残りの2人分が出るまで船長暗殺は続きます。


鋼の後継者もびっくりするほどスタッブしました


この性能は申し分なしです

2009年10月12日(月)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その181

前回デュナミス-バストゥークを踏破した勢いに乗じて、今回はデュナミス-ウィンダスに参加してきました。
このデュナミス-ウィンダスはデュナミス-サンドリア、デュナミス-バストゥーク、デュナミス-ウィンダス、デュナミス-ジュノの4国デュナミスの中で屈指の難しさで、私も今までに4回ほどチャレンジしましたが、一度もクリア出来ていません。
そんなわけで、今回は是が非でもクリアしたかったのです。
今回は比較的に順調に進んで、これはクリア出来るのではないかとみんなの期待が高まっておりました。
しかし、残り時間をわずかにして、不慮の事故が起きて全滅。
衰弱待ちを入れて、残り10分を切っておりました。
ここまで、来てクリアは断念なのかと諦めかけていたのですが、なんとか残り1,2分でボスを撃破することに成功し、見事クリアすることが出来ました。
これで、4国デュナミスはすべて踏破したので、ついに念願のデュナミス-ボスディンに行くことが出来ます。


念願のデュナミス-ウィンダスをついに踏破!


フリーロットなのでロットしたら、勝ってしまった・・・

2009年10月04日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その180

今回は念願のスウィフトベルトを手に入れることが出来ました。
これもNMが落すアイテムなのですが、このNMはトリガーNMで、タウルスが落すフォモルコデックスというアイテムを礼拝堂にある???にトレードすると出現します。
しかし、このNMは少し特殊でNMを出現させるにはフォモルの視線を最大まで集めなくてはなりません。
フォモルの視線を集めるには40体ほどのフォモルを倒さなくてはいけません。
さらに、トレードした種族と同じ種族のフォモルが出現する為にコレがまた厄介なのです。
強さので言うとヒューム<ミスラ<ガルカ<エルヴァーン<タルタルとなる為に私がいくら視線を集めてもタルタルは強いので歯が立ちません。
そこで、ヒューム・ミスラ・ガルカあたりを倒していました。
これがまた、ドロップ率の悪いこと悪いこともう、何百体というフォモルを闇に葬りました。
そして、なんとか3本ほど今までに集まり、久しぶりに取りに行ったらやっとこさ4本目をドロップしました。
希望者は私とヒュームさんの2人だったのですが、ここで素晴らしい迷勝負の末、私が手に入れることが出来たのです。
あと1本なので、早く終わらせたいところです。


VS.Balor


ヴァナ・ディール史上に残る迷勝負!


スピードベルトには及ばないもののかなりの性能です

2009年09月27日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その179

この前、2年ぶりぐらいにデュナミスに参加しました。
場所はデュナミス-バストゥーク、実は一度も行ったことがなったで、気まぐれで参加してきました。
人数としては30人ぐらいで前参加していたところに比べるとかなり少なめですが、かなり順調に進みまして、なんの問題もなくクリアすることが出来ました。
さらに、余った時間はレリック収集の為に費やしましたが、なんと占有時間を10分ほど残して全滅させてしまいました。
効率よく進めると全滅って出来るものなのだなと感心しました。
そして、最後の最後に希望していたナイトのレリックをドロップし、希望者が私しかいなかった為に2年越しに初のレリックを手に入れることを出来ました。
後はデュナミス-ウィンダスをクリアすれば、デュナミス・ボスディンに行けるようになるので、募集があったら積極的に参加しようかと思っていますが、やっぱり、拘束時間が4時間ほど掛かるのはしんどいです。


2年ぶりのデュナミス。デュナミス-バストゥークを無事踏破!


初レリックはナイトのヴァラーコロネット

2009年09月23日(水)

●TALES OF HEARTS

暇つぶし程度に始めたTALES OF HEARTSですが、想像以上にボリュームがあってクリアするのにとても時間が掛かりました。
話としては個人的には大好きなクサイ話満載で大変良かったです。
難点としては3人までしか戦闘に参加させられないことですね。
回復役がいなくても回復できるようなシステムはあるのですが、やはり回復役がいないと辛かったです。
なんにしても個人的にはテイルズシリーズの中でも中々の面白さだったので、お暇な方はプレイしてみては如何でしょうか?

2009年09月12日(日)

●Wiiが壊れたっ!

金曜日の夜にWiiをプレイしようと思って起動したら、テレビに何も映りませんでした。
最初は出力端子が接触不良でも起こしているのかと思って色々弄っていたのですが、改善されませんでした。
そして、気づいたのですがWiiリモコンのボタンを押してもまったく反応をしませんでした。
これは本格的にまずいと思い、何度か電源を入れたり消したりしたのですが、結局、起動はしてくれませんでした。
買ってから1年以上経っている為メーカー保証も切れているので、修理に出しても当然有償になるでしょう。
しかも、ディスクを読み込まないというわけではなく、Wii自体が起動しないとなるとかなりの額が請求されることが予想されます。
それなので、新しい物を買った方がいいのかなとも考えて悩んでおりました。
だけど、新しい物を買うと現在の本体にセーブしてあるデータが救済出来ません。
これは困ったと思い、先ほどWii本体を叩いたり、叩いたり、叩いたりしたりしたところ・・・。
なんとっ!起動するようになりました。
きっと私の願いをプロマシアが聞き受けてくれたに違いありません。
なんにしてもWiiが直ってよかった。

2009年09月06日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その178

今回はシロッコククリに続き、レア装備のプチカルハットを取りに行って来ました。
オプチカルハットと言えば、一昔前は猫も杓子もオプチカルハットと言うぐらいに前衛の垂涎ものの装備でした。
現在は色々な優秀な装備が一杯出てきたので、オプチカルハット一択ということはなくなりましたけど、優秀な装備であることは変わりないのです。
オプチカルハットを落すNM(ノートリアスモンスター)はトリガーNMと呼ばれ、特定の場所に特定のアイテムをトレードすると出現します。
そんなわけで、戦士、シーフ、暗黒騎士、忍者、白魔道士、赤魔道士の6人で挑戦しました。
戦闘で一番怖いのはファイガIIIで、コレを喰らうと壊滅しかねないので、暗黒騎士にはスタンで必ずファイガIIIを止めるように勤めてもらいました。
さらに保険として赤魔道士はサポート暗黒騎士にしてもらい、一緒にファイガIIIを止めてもらうようにしてもらいました。
暗黒騎士が優秀なこともあり、全部で3回戦行いましたが、一度もファイガIIIを喰らうことなく全勝することが出来ました。
これによりまた一歩廃人の階段を登ることが出来ました。


VS.Hakutaku


とんがり帽子のタルタル

2009年08月30日(日)

●俺は野球リーガーだぜっ!

ロボット大戦NEOに参戦するアンアンリーガーを復習する為に作品を見直し始めましたが、あっという間に見終えました。
TV+OVAと見たのですが、大変素晴らしい作品でした。
ただ、OVAは話数がたった5話しかない為に話がまとまらず、最後の方はかなり無理やり終わらされてしまったのがとても残念です。
例えるなら、丁度本日最終回を迎えたディケイドのようです。
まぁ、あそこまでは酷くないですけど。
なんにしてもとても素晴らしい作品であるのは間違いないのでロボット大戦NEOの発売日がとても楽しみです。

2009年08月23日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その177

合間を縫ってレベル上げをしていたナイトがようやく75になりました。
これでナイトを含めて、75のジョブが合計で4つとなり、廃人と言われても否定できないレベルまで来てしまいました。
また、重装備の前衛・軽装備の前衛・後衛とバランスよくなったので、どんな装備が手に入っても大体活用できます。
あと、ナイトのお陰でカンパニエがかなり活躍しやすくなりました。
モンスターを1人で維持できるのでダメージ・被ダメージでかなり稼ぎを出せるようになりました。
さらに念願のフルアダマンになれてご満悦です。


フェローとお揃いのアダマン装備

2009年08月16日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その176

皆さんは今年のお盆を如何過ごされたでしょうか?私は3日間くらいFFXIのアイテムを手に入れる為に無駄に時間を費やしていました。
金曜日にシロッコククリと呼ばれるアイテムを取りに行ったのがすべての始まりでした。
シロッコククリというのはFFXIではレアなアイテムなことです。
このシロッコククリはNM(ノートリアスモンスター)と呼ばれるモンスターを倒すことで手に入れることが出来るのですが、他人に渡すことが出来ない為に自力でNMを倒して手に入れるしかないのです。
シロッコククリを落すNMはテリガン岬というエリアに、前回出現してから9〜12時間後に天候が風か暴風のときのみ出現して、天候が終わると同時に消えます。
オンラインゲームをやったことない人にはアホみたいな出現条件ですが、私はこれを待ってしまったのです。
お陰で合計10時間という時間を費やしてしまいました。
そして、2回目にしてついにシロッコククリを手に入れることが出来ました。
たかがデータの為に10時間を費やしてしまうあたり、人としては上ってはいけない階段を上ってしまったように感じます。
他のプレイヤーの皆さんはくれぐれもこうならないように気をつけて下さい。


VS.Kreutzet


もふ「ねんがんの シロッコククリを てにいれたぞ!」

2009年08月09日(日)

●正々堂々と試合開始!

前回紹介したNEOにアイアンリーガーが登場すると言うことで復習を兼ねてアイアンリーガーを見始めました。
なんと申しましょうか、面白すぎます。
アイアンリーガーってこんなに面白かったっけ?と思うぐらい面白いので、すごい勢いで話が進んでいきます。
この調子だとあっという間に見終わってしまいそうです。
久々に熱きリーガー魂を思い出させてくれました。

2009年07月26日(日)

●次回作は「NEO」

次回Wiiで発売されるロボット大戦の「NEO」の登場作品が掲載されていました。
そして、そのラインナップがすごいことすごいこと。
NG騎士ラムネ&40、覇王体系リューナイト、絶対無敵ライジンオー、元気爆発ガンバルガー、熱血最強ゴウザウラー、疾風!アイアンリーガー、獣神ライガーなど懐かしくもすばらしいランナップです。
特に気になるのがやはりアイアンリーガーでしょうか。
マグナムエースやマッハウィンディがどういった活躍を見せてくれるのか今からとても楽しみです。

2009年07月20日(月)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その175

今回はプロマシアミッション最後のミッション「暁」に挑戦してきました。
長い長いプロマシアミッションもこれでラストです。
内容としてはプロマシアを倒せばいいだけです。
プロマシア戦は2回あり、1回目はたいして強くないのですが、2回目はかなり強くなるそうです。
ただ、こちらにはNPCとしてプリッシュとセルテウスがともに戦ってくれます。
編成は戦士・暗黒騎士・忍者・狩人・赤魔道士・黒魔道士で、作戦としては忍者がヘイトを取りつつマラソンをすると作戦で行きました。
そんなこんなで、ついに「暁」のBFに突入しました。
情報どおり、1回目のプロマシアは特に問題なく倒せました。
そして、本番の2回目です。
これが想像以上に強く、忍者がまともにヘイトを取れずにグダグダになってしまい気づいたらセルテウスが倒されていて、負けてしました。
これではダメだということになり、最も戦力になるプリッシュを盾にする作戦に切り替えました。
薬品もこれでもかというくらいに用意しました。
そして、気を取り直して2回目の挑戦です。
1回目のプロマシアは1回目同様に問題なく倒すことが出来ました。
2回目のプロマシアは前述の通り、プリッシュにがんばってもらうと言うことで、なるべくプリッシュがやられないようにしました。
そしたら、今度は面白いように順調にことが運んで難なくプロマシアを倒すことが出来ました。
FFXIを始めた当時はプロマシアミッションなんて絶対にクリアできないと思ったいたのですが、そのミッションをついにクリアすることが出来ました。
そう思うとクリア後はとても感慨深い気持ちになりました。
これでやっと私もプロマシアの呪縛から解き放たれました。
といっても、あくまでもプロマシアミッションをクリアしただけなので、ジラート・アトルガン・アルタナなどのミッションは残っていますので、まだまだFFXIは終わりそうにないです。


ついにゲイナーのような男神プロマシアとの決戦です


先ほどの借りをきっちり返すセルテウスくん

2009年07月13日(月)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その174

今回はプロマシアミッションで最も長い「天使たちの抗い」に挑戦してきました。
内容としては種族に対応した塔に登り、「○○の輝き」を手に入れ、その後、「暁の印」と「黄昏の印」を手に入れてBFでゼデー族×4を倒せばクリアというものです。
そんなに長そうに感じないかもしれませんが、地図を手に入れようとするとこれまたすべてNPCに話さなければならず、結局はすべての塔に登らなくていけないのです。
そんなわけで、今回は2回に分けて行われました。
1回目は各種族の塔を全て登り、2回目は「暁の印」と「黄昏の印」を手に入れてBFに挑戦しました。
BFでは黒魔道士×2、白魔道士×1、赤魔道士×1のゼデー族が相手です。
まずは印スリプガIIですべてのゼデーを寝かして、黒魔道士ゼデーを集中して叩きました。
順調に黒魔道士ゼデーを2体倒せたのですが、残りの白魔道士ゼデーと赤魔道士ゼデーと戦闘中に侍がやられたのをきっかけに全滅してしまいました。
しかし、白魔道士ゼデーと赤魔道士ゼデーは初期配置に戻ってもHPを回復しないので、衰弱を待って、再び戦いを挑みました。
さすがにある程度削ってあったのであっと言う間に倒すことが出来ました。
あと、関係ないですが、暗黒騎士がスパイラルヘルじゃなくてスピニングサイスを打っていました。
ということで、長〜いプロマシアミッションも次で最終回を迎えるのでした。


小さいの2体が黒魔道士なのです

2009年07月05日(日)

●パララバ -Parallel lovers-

今回は第15回電撃大賞<金賞>受賞作「パララバ -Parallel lovers-」を読みました。
最初はそんなに期待していたなかったのですが、話が進むにつれてどんどん話に引き込まれていきあっという間に読み終えてしまいました。
内容としては設定がちょっと変わったラブストーリーにミステリーが加わったようなもので、イラストも最近のものに比べると控えめな感じです。
個人的にはかなり面白い作品でしたので、興味がある方は読まれてみてはどうでしょうか?

TOPへ