ほにゃぺち!
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

2007年07月分

2007年07月31日(火)

雨が降るのを教えてくれる傘

アメリカでいつ雨が降るかを教えてくれる傘が開発されたそうです。
柄の部分に電波受信器が内蔵されていて天気予報サイトからデータを受信して、雨量の強さなどに合わせて柄が点滅するそうです。
教えてくれるといっても予報なので外れることはあるとは思いますが、中々面白い代物だと思いました。
ただ、1本が17,000円ほどするのでいるかといわれるといらないですね。

2007年07月30日(月)

東京魔人学園 龍龍 第弐幕

ついに楽しみしていた魔人の第弐幕が始まりました。
第壱話は「拳武十二神将」ということで、拳武館の連中が出てきたわけですが、やっぱり、色々と変えられてました。
確かに拳武館は暗殺を請け負っていましたが、「拳武十二神将」なんていなかったと思います。
壬生はインテリ風の眼鏡かけてるし、八剣はオカマっぽくなってたりしてました。
正直ありえないのが「拳武十二神将」に何故か凶津がいることです。
醍醐と凶津の話を展開する為だけに登場したような気がもますが、白虎に覚醒する話も絡めてきそうな予感がします。
しかし、京一が八剣にやられたりと原作と同じ展開もあるので、これからが楽しみです。

2007年07月29日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その101

今回は忍者、暗黒騎士、赤魔道士、黒魔道士の4人でガダーバ浮沼で狩りをしに行きました。
さすがは人気の狩場だけあって、ほとんどモンスターが残っていませんでした。
しかし、我々は諦めずにアグレッシブにモンスターがPOPしたら手当たり次第に狩っていました。
小1時間ほど狩っているとどんどん人が減っていきました。
最終的には我々以外に誰もいなくなりました。
途中で暗黒騎士が抜けたのですが、残った3人は廃人なので、そのまま3人でひたすら狩り続けて気付いたらサンクションが切れてました。
お陰さまでの素晴らしいほどの経験値を稼げました。
たまにはこう言った狩りかたもいいなと思いました。


ひたすらHeraldic Impを狩り続けていました

2007年07月28日(土)

悩んでみたものの

液晶ディスプレイをHDMI付きにすべきか悩んでいたのですが、そもそもHDMIを出力できるグラフィックボードが普及してないと言う事に気付きました。
さらにパソコンはDVI-I出力ができるから、もともとデジタルで情報を送信できるので、あんまり変わらないかもと思いました。
PS3やXbox360のようなコンシューマー機ならその違いがハッキリするかもしれませんけど。
そんなわけでそんなにこだわらなくていいという結論に達しました。

2007年07月27日(金)

HDMI付きにすべきか、せざるべきか?

だいたいこんな感じで組もうと決まったのですが、ここで問題が発生しました。
今回のパソコンの買い替えの際にディスプレイを液晶にしようと思っていました。
ついでだからワイドにでもしようかと思っていたのですが、HDMIの存在に気付きました。
HDMI付きの方が値段が高くなりますが、そこまで高いわけじゃないからありでもいいかなと思いますし、そこまで映像美にこだわっているわけでもないので、なくてもいいじゃないかとも思っています。
うーむ、どうちらにしたら良いものか?悩んでいる次第です。

2007年07月26日(木)

テイルズ乱発しすぎだろ

なんかテイルズシリーズがすごい勢いで発表されましたね。
テイルズオブデスティニー ディレクターズカット(PS2)、テイルズオブシンフォニア ラタトニアの騎士(Wii) 、テイルズオブリバース(PSP) 、テイルズオブイノセンス(NDS) の4つです。
よくよく考えればこのシリーズはすごい勢いで乱発されてますからね。
それにしてもこんなに乱発してまともなものになっているのか?と思わず疑いたくなってしまします。
個人的にはWiiのラタトニアの騎士がちょっとは気になりますね。
まぁ、すべての作品が満足出来るような面白さであることを願うばかりです。

2007年07月25日(水)

ヴェルフェモブラストモード

デジタルモンスター カードゲームα Evolve.6に収録されているカードが「ヴェルフェモブラストモード」だということがオフィシャルに掲載してありました。
てっきり、全部出たものだと思っていたのですが、今回はコンプリートとならなかったようです。
それにしても、「ヴェルフェモンブラストモード」ならわかるけど、「ヴェルフェモブラストモード」ってのが気になります。
あれかFFXIみたいに文字制限があってスコピオハーネスやバミリオクロークみたいな感じなのでしょうか?
でも、「インペリアルドラモン パラディンモード」の方がよっぽど長いですけど。
それにしても気になるカードです。

2007年07月24日(火)

ファイナルファンタジー7 10thアニバーサリー ポーション

今年発売から10年を迎えるFFVIIを記念して、77,777本限定でポーションが発売されるそうです。
商品内容としてはオリジナルボトルに入ったドリンクとFFVII 10thアニバーサリー アルティマニアがセットになっているそうです。 発売は9月13日で価格は3,980円です。
それにしてもFFVIIは10周年を祝うほどのソフトなのでしょうか? FF20周年ならわかるんですけどね。
ただ、10年経っただけなような気がしますが、EVAも似たようなもんだからそんなものかもしれません。
それにしても無駄に高いポーションです。

2007年07月23日(月)

Flashの脆弱性でWiiもフリーズ

このたび見つかったFlashの脆弱性で、Wiiがフリーズしてしまうそうです。
Wiiのインターネットチャンネルで、細工を施したビデオを再生するとWiiが完全にフリーズしてしまうそうです。
そういえば、Wiiを買ったときにLANを無線LANに変えたけれど全然使ってないのを思い出しました。
最初はFFXIのサイト見ながら出来ると思ったんですけど、近々ウィンドウ化出来るようになるし、ネットを使った通信対戦もやってないし。
まぁ、いつか使う日はくるでしょう。

2007年07月22日(日)

そろそろ新しいパソコンでも…

そろそろ新しいパソコンでも買おうかなと色々と調べていました。
それにしても、本当にパソコンも安くなりましたね。
当時の金額と同等の金額を出したらどんだけ性能がいいパソコンが買えるんだよってレベルです。
まぁ、現状のパソコンに不満があるわけではないので、じっくりと探していきたいと思います。

2007年07月21日(土)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その100

早いものでもふのヴァナ・ディール冒険記も100回目を迎えることが出来ました。
開始当初はこんなに長くプレイするとは思っていなかったのですが、今では完全にFFXIの虜です。
レベルも遅いながらも地道に上げてきて74まで到達することが出来ました。
あとレベルを1上げればキャップである、75に到達出来ます。
はるか雲の上の目標だったのがもう手の届く範囲にあるんと思うとなんだか不思議な感じです。
と言っても75まで42,000も経験値が必要ですけどね。
年末には新しい拡張ディスクも発売されるし、これからもFFXIを楽しんでいきたいと思います。


最近のお気に入り装備

2007年07月20日(金)

我が呼び声に応えよ獣

ぼくらシリーズが読み終わったということで、新しいシリーズとして魔術師オーフェンを読み始めました。
この作品もかなり前に完結していますが、未だに最後まで読んでません。
キムラック編ぐらいまでは2回ぐらい読んだ記憶があるんですけどね。
久し振りに読んだオーフェンはやっぱり、面白かったです。
ずっと彼方の忘却の島に流れ着いていた記憶が次々に蘇りました。
ということでオーフェンを読破するまでがんばりたいと思います。

2007年07月19日(木)

アルタナの神兵 その1

次の拡張ディスク「アルタナの神兵」の情報がちょっとずつ公開されていますね。
一番の朗報は新ジョブの追加でしょうか。
ジラートでジョブの追加あり、プロマシアでジョブ追加なし、アトルガンでジョブ追加あり、って流れだったので、今回のアルタナでジョブの追加があるとは思いませんでした。
あとは過去のヴァナ・ディールが舞台になるようで、行き来は簡単に出来るそうです。
「アルタナの神兵」が発売される頃には75になっているので十分楽しめそうです。

2007年07月18日(水)

PS3が100万台突破

どうやら、PS3が国内販売100万台を突破したそうです。
ライバル機のWiiが1月には100万台を突破していたので約7ヶ月遅れになりました。
なんだかんだといっても着実に売れているってことなんでしょうか?
FFXIIIあたりが発売されば売上台数なんかも一気に延びるんじゃないのでしょうか。
それにしてもやりたいPS3はPSP並にやりたいソフトがないですね。

2007年07月17日(火)

ファイルを返してほしければ金を出せ

ファイルを勝手に暗号化してしまい、元に戻したければソフトを買えというランサムウェア「Gpcode.ai」というのがあるそうです。
1年前ぐらいにロシアに出てきたランサムウェアらしいのですが、1年なりを潜めてまた活動しだしたようです。
しかし、金を払えなんと言うウィルスが出てくるとは一体、どんな奴が考えるんだか…。
なんにしてもウィルス対策は万全にしておかないといけないということですね。

2007年07月16日(月)

●ミニプラ ゲキシャーク

今回は新しいゲキビーストのゲキシャークと一緒に発売されてアクションゲキトージャの紹介です。


見てわかる通り、手前にいる鮫っぽいのがゲキシャークで奥にいるのがアクションゲキトージャとなっています。
アクションゲキトージャは合体は出来ないですが、その名の通りかなり稼動するようになっています。
さらにゲキビーストと獣拳合体することも可能です。


と言うことで、アクションゲキトージャとゲキシャークが獣拳武装して、ゲキシャークトウジャの誕生です。

なんというか、ゲキシャークトウジャは恐ろしいぐらいかっこ悪いです。
顔は結構凛々しいのですが、如何せん頭でかすぎです。
頭の部分だけ見るとハンブラビです。
しかし、DXと比べるとよっぽどマシです。
アクションゲキトージャは全体的にちょっとほっそりしているのが残念ですが、それは些細な問題です。
相変わらず出来はいいので、次の商品にも期待です。

2007年07月15日(日)

悪魔城ドラキュラ Xクロニクル

DSのドラキュラ以外は3Dアクションになっていたので、イマイチ惹かれなかったのですが、今回の悪魔城ドラキュラ Xクロニクルポリゴンだけど2Dアクションなのでちょっと期待しました。
と思ったのもつかの間、発売機種がPSPって…。
とはいったもののDSのドラキュラの2作目もプレイしていないしな〜。
でも、面白そうなのは変わらないのでPSPを購入するような機会があればプレイしたいと思っています。

2007年07月14日(土)

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔

始めに言っておく、これはかなりキツイ。
というわけで、ドラゴンクエストソードをプレイしたのですが、すでに腕は悲鳴を上げています。
強制的にプレイ時間を制限はさせられるのはある意味すごいといえばすごいですけど。
ゲーム的には神剣ドラゴンクエストって感じですね。
不満としては横薙ぎや縦切りが思ったように反応してくれないことですね。
落ち着いてゆっくりやればちゃんと反応してくれるとは思いますが、中々うまくいきませんね。
それにしてもコレは明日もプレイできるのかが疑問です。

2007年07月13日(金)

新PSP

9月に新型のPSPが発売されるそうです。
新型といっても従来のPSPにビデオ出力機能を搭載して、薄型&軽量化したものです。
まぁDSでいうところのLiteみたいなもんでしょうね。
価格については掲載されていなかったのですが、据え置きなんでしょうかね。
個人的にはビデオ出力機能はいいと思いますよ。
それでもいらないですけど。

2007年07月12日(木)

被弾率80%?

今日は昼に外に出たらえらい目に会いました。
まずは恐ろしく大量に雨が降ってました。
そりゃ、バケツをひっくり返したような雨とはまさにこのことでしょう。
それだけならまだしも、さらに風が強くて真直ぐ傘を差すことが出来ませんでした。
そのお陰で傘を差してるのにあんまり意味が無いくらい濡れてしまいました。
よりによって、人が出かけるときにこんなに強く振らなくても良いのにと1人愚痴ってました。

2007年07月11日(水)

魔動王の発売日が…

楽しみにしていた魔動王グランゾートのアクションフィギアの発売日が7月未定から8月中旬に延びてしまいました。
折角、もうすぐ弄れると思ったんですけどね。
こいうのは仕方ないですね。
あとはこれ以上発売日が延びないのを祈るばかりです。

2007年07月10日(火)

ミミズクと夜の王

第13回電撃小説大賞受賞作品の「ミミズクと夜の王」を読みました。
いやー、面白かったです。
想像以上の楽しさでとても満足です。
さて、この電撃大賞は電撃PSの広告でずっとチェックはしていたんですけど、ここ数年はコレだと思える受賞作品が全然ありませんでした。
しかし、「ミミズクと夜の王」を見たときにコレだと思いましたね。
それにしても電撃文庫の新刊なんて「リングテイル」以来7年ぶりになりますよ。
来年も素敵な作品に出会えるといいなと思います。

2007年07月09日(月)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その99

今回は「Baronial Bat」を叩き伏せるべく、先生にお手伝いを頼んで74の吟遊詩人、73の侍、忍者、赤魔道士、黒魔道士というメンバーで挑戦しました。
さすがに高レベルの吟遊詩人がいるお陰で攻撃が当たること当たること。
さらにバラード、リフレシュでMPを気にする事無くバンバン魔法を打ち込めました。
特に苦戦することもなく倒すことが出来ました。
今回手伝ってくれたお二人には感謝です。
お陰でLSオーナーも無事に「エヴィサレーション」を覚えたみたいのでよかったです。


Baronial Batを撃破!

2007年07月08日(日)

●デ・ジ・キャラット Vol.05

前回の公開から1ヶ月以上経過していましたが、今回はデ・ジ・キャラットのりんなとみけです。
今回はかさの部分がビニールように向こう側が透ける、半透明の傘だったので、すごく頑張って透けさせました。
あとは雨が降っているみたいな感じにしました。
その他はいつも通りですが、よろしければお持ちください。
予定としては先月は壁紙を公開できていないので、今月か来月ぐらにもう1枚公開できたらなと思っています。
あくまでも予定は未定なので期待せずにお待ちください。

2007年07月07日(土)

DIGITAL MONSTER BURST CD

今回はアドベンチャーからセイバーズまでのOP、ED、挿入歌、劇場主題歌など私が所有しているデジモンのすべての歌の中から個人的にお気に入りの歌をチョイスしてCDを作成しました。
収録されて曲としては全シリーズのOPと挿入歌、劇場主題歌、その他って感じすね。
それにしても自分で作ってなんですが、良いCDです。
どんな歌が来ても盛り上れますからね。
8月1日発売されるCDにも勝るとも劣らぬ曲が収録されていることを期待しています。

2007年07月06日(金)

A.C.E.3

9月6日にA.C.E.3がPS2で発売されますね。
それにしてもA.C.E.3の登場作品がすばらしいですね。
新規参入でマクロスプラス、ガンダムX、ターンA、キングゲイナーって狙ったとしか思えないラインナップです。
なんて素敵なんでしょう。
でもでも、やらなきゃいけないゲームが沢山あるので買うわけにはいかない。
こうなったら友人を唆して、買わせるしかないな。

2007年07月05日(木)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その98

本日はボヤーダ樹で狩りでもしようかと出かけたところ、見たことない名前のカニがいました。
そのNMは「Aquarius」でした。
72の忍者、赤魔道士、黒魔道士がいるから大丈夫だと思い「Aquarius」にケンカを売ってやりました。
すると攻撃間隔がやたら短いし、とっても硬かったです。
忍者が盾をして、赤魔道士が回復や弱体、黒魔道士がスリップと精霊でダメージを与えました。
ちょっと時間が掛かりましたが、特に危なげなく倒すことが出来ました。
戦利品としてフランシスカを落としました。
特に誰かが必要というわけではなかったので、ロット勝負をしたら忍者が持っていきました。
いつか、フランシスカが活躍することでしょう。


Aquariusを討伐せよ

2007年07月04日(水)

サーバー移動完了

ということで、先日サーバー移動をしました。
有料というだけあって、本当にサーバーを移動しただけでした。
OPテレポとかランクとか色々と心配していたのですが、取り越し苦労に終わりました。
LSメンバーもみんな一緒に移動できたのは嬉しいですね。
しかし、以前のLS名がすでに使われていたのでショックでした。
どちらかというと特別っぽい名前なんですけどね。
まぁ、LS名もLSカラーも心機一転して、これからもがんばりたいと思います。

2007年07月03日(火)

FFXIと寝不足と

最近はみんなFFXIを頑張るので寝不足な管理人です。
寝不足って凄く簡単に蓄積されるのに寝溜めは蓄積されないなんて理不尽だと思わず思ってしまいます。
それがわかっていてもついつい夜更かしをしてしまうのです。
今日こそは早く寝ようと思いながらFFXIにログインしてるのに気付くといつもの時間という悪循環です。
最善の方法はFFXIにログインしなければいいのですが、それは無理ってものです。

2007年07月02日(月)

新・ぼくらのいいじゃんか

ついに最後のぼくらシリーズ「新・ぼくらのいいじゃんか」を読み終えました。
新・ぼくらもぼくらシリーズやぼくらの教師シリーズと違った面白さがありました。
特に違っていたのが、登場人物ですね。
ぼくらシリーズは英治達中心に物語が進みますが、新・ぼくらは毎回主人公が違います。
まぁ、共通の登場人物としてアコが登場しますけどね。
内容はぼくらの教師シリーズの前の作品だけあって、ぼくらの教師シリーズよりは感じを受けました。
約1年に渡り読みつづけてきたぼくらシリーズですが、また機会が訪れたなら読んでみたいものです。

2007年07月01日(日)

プロジェクトレボリューションは如何に?

そんなわけで、友人が買ってきたプロジェクトレボシューションのトライアルデッキで対戦しました。
なぜかどこかでみたことのなるような単語が次々に出てきました。
ルールは簡単に言うとD-0の劣化版みたいな感じでした。
お陰で多少のごまつきましたが、短時間で習得することが出来ました。
ゲームとしては思ったやりもプレイしやすく、楽しかったです。
しかし、これを続けたいかと言われるともうちょっと登場作品が魅力的だったら良かったら続けたかも?というのが正直なところです。

TOPへ