ほにゃぺち!
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

2017年07月〜12月分

2017年12月31日(日)

●2017年大晦日

今年もあと数時間となりましたが、みなんさは如何お過ごしでしょうか?
今年も無事に新年を迎えることが出来そうです。 去年再開した『FFXI』も残りわずかとなりましたので、最後まで駆け抜けて行きたいと思います。
みなさんにとって来年もよい年であるように祈っております。 それではみなさん良いお年を。

2017年12月24日(日)

●眼瞼ミオキミア

みなさんは眼瞼ミオキミアをご存知ですか? 眼の周りの筋肉が痙攣したようにピクピクと勝手に動く症状の事を言うそうなのですが、その眼瞼ミオキミアに先日襲われました。
眼瞼ミオキミアは眼精疲労、睡眠不足、ストレスなどが原因だそうで、すべての事項に当てはまりました。 それなので眼を暖めたり、目薬さしたり、早く寝たりと改善を試みたところなんとか治まりました。 趣味的にパソコンとは切っても切れない生活をしているので普段から眼を労わるようにしないといけないと思いました。

2017年12月17日(日)

●坂の上の雲

『坂の上の雲』は司馬遼太郎さんの歴史小説で、日露戦争を中心に秋山好古、秋山真之の秋山兄弟と正岡子規を主人公に描かれた歴史小説です。 今まで司馬遼太郎さんは幕末のものばかり読んでいたのですが、面白いと言うことで読んでみました。 幕末の作品とまた違った面白さがあり、非常に良い作品でした。 相変わらず、登場人物の名前や単語などに難読な漢字が使われていて、ちょっとだけ読みにくくはありますが、とても面白いのでお暇であれば読んでみてはいかがでしょうか?

2017年12月10日(日)

●ザ・リフレクション

終わったのはかなり前ですが、『アトム ザ・ビギニング』のあと番組として始まったので、そのまま見ていました。 スパイダーマンとかの原作者が関わって制作した作品だそうです。 結論を言うとつまらなかったです。
テンポも悪いしストーリーも中途半端に終わってます。 何より酷いのがエンディングを歌っているアイドル?の人たちを無理やり作品に登場させたことです。 まったくストーリーと関係ない人物を無理やり大人の事情で登場させたから原作のつまらさに拍車をかけて、しらけてしまいました。 仮に続編が放送されて見ることはないでしょう。

2017年12月03日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その224

プロマシア、アトルガンに続いて、アルタナ、アドゥリンの懐かし?のキャラも登場。 と言ってもアルタナから再開したのでリリゼットやアシェラは全然懐かしくないのですけどね。 また、なぜか三魔君のバラモアも再登場です。 アドゥリンでは中途半端な感じだったし、キャラ的には使いやすいからでしょうか?


懐かしのメンバー? アルタナの神兵編


懐かしのメンバー? アドゥリンの魔境編


VS.Cetus

2017年11月26日(日)

●週末に微熱が出たんだ

前回の日記で風邪をひかないように気をつけようと書いたばかりなのに、週末に体がだるく、寒気がすると思って熱を測ったら微熱がありました。 風邪薬を飲んで、その日は早く寝ました。
そのお陰かどうかは分かりませんが、現在は快復したと思われます。 これから益々寒くなると思うので体調管理には気をつけたいと思います。

2017年11月19日(日)

●今年も寒くなってまいりました

週の後半ぐらいから急に気温が低くなり冬らしくなりました。 考えれば11月も下旬なのだから当たり前と言えば当たり前ですね。 去年の今ぐらいは高熱を出して寝込んでいたので今年は風邪をひかないように気をつけたいと思います。

2017年11月12日(日)

●メールアドレス変えたんだ

最近、メインで使用しているメールアドレスを変更しました。 なぜ変更するに至ったかと言うと、相当前になるのですがプロバイダーがメールアドレスの情報を盗まれ、それ以降、海外からの迷惑メールは届くようになりました。 当時もメールアドレスを変更しようと思ったとは思いますが、面倒だったのか結局実行されませんでした。
それを最近になって実行したわけです。 そんなお陰でメールアドレスを変更してからは迷惑メールは一切届かなくなり、快適な状況になりました。 こんなことなら、すぐにでも変更しておけばよかったと思いました。

2017年11月05日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その223

「ヴァナ・ディールの星唄」は集大成だけあって懐かしのメンバーが多数登場します。 まぁ、出番自体は今のところそんなにないですが、とても懐かしいです。
あと、ヒロインのイロハはとある人物の娘だとか? まぁ、皆まで言わなくてもわかりますよね。


VS.Siren


懐かしのメンバー プロマシアの呪縛編


懐かしのメンバー アトルガンの秘宝編

2017年10月29日(日)

●台風ばかり

先週も週末に台風がやってきて、今週も週末に台風がやってきましたね。 こうも台風ばかりこられると困ってしまいます。 今週は先週に比べると影響が少なそうなのでマシですが、いい加減にして欲しいものです。

2017年10月22日(日)

●終わりなきGAME

ちょっと前の話になりますが、『仮面ライダー エグゼイド』が最終を迎えましたね。
まぁ、最初から面白くなかったけど最後まで面白くなかったです。 レベルの概念は当初から懸念していたのですが、やっぱり中盤ぐらいからほとんど形骸化していましたね。 ただ、最近の『仮面ライダー』の最終話は次の作品への繋ぎの話だったのですが、『エグゼイド』はちゃんとした最終話だったのは意外でした。
現在は次の作品『仮面ライダー ビルド』が放送されていますが、どうなるでしょうか?

2017年10月15日(日)

●エピソード オブ ジュピターと輝きの向こう側へ!

『アイドルマスター プロローグ SideM -エピソード オブ ジュピター-』は名前の通りジュピターがメインの話でアニメ版『アイドルマスター』と『SideM』の間の話になり、『アイドルマスター 輝きの向こう側へ!』はアニメ版『アイドルマスター』の劇場版です。 「エピソード オブ ジュピター」と「輝きの向こう側へ!」でリンクするシーンがあるということで一緒に見ました。
「エピソード オブ ジュピター」はジュピター尽くしで大変よかったし、「輝きの向こう側へ!」もこれまた大変面白かったです。 もちろんリンクするシーンもそれぞれの立場がわかってとってもよかったです。
できれば、この勢いに乗って、『ミリオンライブ』もアニメ化してほしいですが、登場人物が多すぎて難しいでしょうか?

2017年10月09日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その222

ついにヴァナ・ディール最後のミッションである「ヴァナ・ディールの星唄」を開始しました。 このミッションは今までのミッションに登場した主要キャラが総登場するという『FFXI』の集大成と呼べるミッションです。
一体どんな物語が待ち受けているのでしょうか? とても楽しみです。


遂に最終ミッションが幕を開ける


ヴァナ・ディールの星唄のヒロイン イロハ


VS.Ophiotaurus

2017年10月02日(日)

●アイドルマスターの新作が出るみたいです。

12月に『アイドルマスター』の新作『アイドルマスター ステラステージ』が発売されるそうです。 ただ、前作の『プラチナスターズ』が相当の駄作だったので、『ステラステージ』を買おうかどうか迷っています。
一応、Pドロップシステムは廃止されるみたいですけど、衣装がドロップすると言うシステム自体廃止になったかはわかりません。 なんにしても『プラチナスターズ』からかなり改善されないと購入意欲は沸きませんね。

2017年09月24日(日)

●「。」(句点)で必ず改行すればいいというものではない

今まで「。」(句点)で必ず改行していたのですが、句点で改行すれば読みやすいということではないということを知りました。 そんな理由もあって、前回から改行ルールを変えてみたのですが、読みやすくなったでしょうか。
それにしても日本語って難しいですね。 これからも少しでも読みやすい文章を心がけて行きたいと思います。

2017年09月17日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その221

アドゥリンミッションついに最終回を迎えました。 ラ・カザナル宮はラストダンジョンにふさわしい長さで久しぶりに『FFXI』の嫌らしさを体感しましが、1度訪れてワープを開放すればいつでも奥地に飛べるので昔に比べると遥かにマシですよね。
物語の終盤はかなり盛り上がり、ラストバトルではアシェラとテオドールが一緒に戦ってくれてます。 さすがに最後の拡張ディスクのボスだけあり、フェイスに回復を任せるのは不安だったので白魔道士で戦いに挑みました。 ハデスはHPが見えず、今まで適当にやっても勝てた敵と違い、久しぶりに昔の『FFXI』らしい戦闘をすることが出来ました。
総評としてはアドゥリンミッションは仲間が多く関わってくるので物語としては盛り上がる場面が多く面白かったです。
ついに最後の拡張ディスクをクリアして残すは最後のミッション「ヴァナ・ディールの星唄」のみとなりました。 もふのヴァナ・ディール冒険記もそろそろ終幕の足音が聞こえていますが、もう少しお付き合いください。


遂にハデスとの最終決戦へ


VS.Hades


また、会いましょうね♪


若き指導者

2017年09月03日(日)

●9月に入ったばかりだと言うのに

9月に入ったばかりだと言うのに朝晩はかなり過ごしやすい日が続きますね。
ただ、日中はさすがに暑いですが、それでも9月にしては涼しい方ではないのでしょうか。
今年の夏はあまり真夏日がなかったようですが、秋の気候はどうなんでしょうね。

2017年08月27日(日)

●聖剣伝説2がフルリメイク

『聖剣伝説2』がフルリメイクされてPS4・PSVita・PCで2月15に発売されるそうです。
今更『聖剣2』がリメイクされるとは思っていなかったので、とても楽しみです。
SFC版はアクションゲームとしては動きが鈍かったので、リメイク版ではそこらへんが改善されてアクションゲーム性がより増してくれると嬉しいなと思います。
『聖剣2』のリメイク版の出来がよかったら、続いて『聖剣3』もリメイクしてほしいですね。

2017年08月20日(日)

●封神演義が再びアニメ化

『封神演義』が再びアニメ化するみたいです。
キャストは当時から一新されるみたいですが、ストーリーはどうなるのか気になります。
当時のアニメはオリジナルストーリーだったので、今回は原作に忠実だと嬉しいんですけど。
それにしてもなんで今さら『封神演義』なんでしょうか?
まぁ、大人の事情がきっと色々あるのでしょう。

2017年08月13日(日)

●大激突!?ガッチモンVSアグモン!

たまたまテレビをつけたら『アプリモンスターズ』がやっていて、たまたまアグモンが登場していたらそのまま最後まで見てしまいました。
アグモンが登場してるからウォーグレイモンに進化してくれることを期待してみていたのですが、バッチリ進化してくれました。
アグモンからウォーグレイモンにワープ進化してくれて「brave heart」もバッチリ流れてくれ、現在のCG技術のウォーグレイモンはかっこよかったです。
ついでにガッチモンがグローブモンが進化するときに挿入歌があるのかと期待したのですが、何もありませんでした。

2017年08月06日(日)

●アトム ザ・ビニギング

たまたま予告を見て面白うだったので、見てみたら面白かったアニメです。
名前から分かるように『鉄腕アトム』に関係する作品で、アトムが生まれるまでの話です。
描かれた年代が全然違う為に『鉄腕アトム』より『アトム ザ・ビギニング』の方が科学力が進んでいるのが面白いです。
原作は現在も連載中ということでアニメは途中で終わっていますが、面白かったので続編を制作してくれると嬉しいなと思います。

2017年07月30日(日)

●梅雨明けしたのに

ちょっと前に梅雨なのにあんまり雨が降りませんと書いたのですが、それからまもなく梅雨が明けました。
梅雨が明けてからの方が梅雨っぽい空模様が多い気がします。
なんだか、台風も近づいているらしいですが、被害が出ない程度で去ってくれると嬉しいなと思います。

2017年07月23日(日)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その220

アドゥリンミッションもついに佳境を迎えました。
冥王ハデスと戦うためには冥王の聖痕が必要で、それを持っている三魔君を撃破しなければなりません。
今までの割と苦戦することなく進んできたので、特に問題ないだろうと思っていたらドクマクにかなり手を焼きました。
毒になるフィールドを発生するお陰で白魔道士のフェイスが全然使い物にならなくて、何度もやり直して、最後は自分が白魔道士で挑戦したら問題なくクリア出来ました。
やっぱり、回復はNPCだと辛いときがあると実感しました。


不死君バラモア


変妖君ドクマク


怪霊君アシュラック

2017年07月16日(日)

●ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ

ついに『FFXII』のHD版『ザ ゾディアック エイジ』が発売されました。
なんか、あっという間に発売されたと言う感じです。
ちょこっとだけプレイしましたが、当たり前ですが、画像がかなり綺麗になっておりました。
また、ヴァンとパンネロが当時は衝撃的なヘタクソさだったのに、今聞くと別にそこまで酷くないなと思ってしまったのは補正が掛かってしまったのでしょうか。
なんにしてもちょっとずつ進めて行きたいと思います。

2017年07月08日(日)

●梅雨の割にはあまり雨が降ってません

7月に入ってから、暑い日が続き、まだ梅雨が明けていないことを忘れてしまいそうです。
今年はこんな調子で梅雨明けを迎えるのでしょうか?
九州地方が台風や豪雨の被害を受けているので、もうちょうっとバランスよく降らないものかとは思ってしまいます。

2017年07月02日(日)

●続・超進化魂

超進化魂で色々調べていたら、第2弾はメタルガルルモンで確定のようです。
また、参考出展でアルファモンとディアボロモンがあるそうです。
どちらも出来はよかったですが、ディアボロモンの商品は全然無いのでぜひとも発売して欲しいものです。

TOPへ