ほにゃぺち!
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

2005年11月分

2005年11月30日(水)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その6

サポートをとってからはシーフを上げていましが、誰かさんが早くもレベル18に達してしまったので、彼のサポートジョブを獲得を手伝う為に戦士に再び戻りました。
ついでに今まで武器スキルは片手剣を上げていたのですが、今回から両手斧を上げることにしました。
とりあえず、両手斧を買って、装備をして戦闘をしたら無茶苦茶弱かったです。
どうやら、スキルが上昇すると攻撃力や命中率などが上昇らしいのです。
それを知らずにいきなりスキル0で戦闘に挑んだものだから攻撃力不足、命中率不足で苦労したというわけです。
最初は人気のないところで練習相手にもならない敵を乱獲してスキルを上げるしかないのでしょうか。


両手斧はじめました

2005年11月29日(火)

●烏丸さん Vol.01

ギャラクシーエンジェルより、烏丸ちとせです。
今回は烏丸さんの衣装に合わせて、和紙のような素材を背景に使用しました。
中々、雰囲気が出ていて個人的には満足しています。
よろしければ、お持ちください。

●ありがたいことに延期してくれました

前に日記でGAIIとCLANNADの発売日が重なって困ったみたいな内容を書いたのですが、ありがたいことにGAIIの発売日が延期されました。
当初の発売日の2月23日から4月27日へと変更になりました。
楽しみにしていた人には申し訳ないのですが、個人的にはかなりありがたいです。
あとはGAIIの発売時期に欲しいソフトが増えないことを祈ります。

2005年11月28日(月)

●史上最悪の3日間

毎週とても楽しみなセイザーXですが、今回の話もかなりのお気に入りとなりました。
今回の話を簡単に説明すると主人公と敵将がある場所に閉じ込められて脱出するという話なのですが、お互いに愚痴を言い合ったり、談笑したりとおおよそ敵同士とは思えないぐらいフレンドリーでしたね。
今回の話でまたしてもブレアードの好感度が上がりました。
それにしてもセイザーXの敵将はこぞってアホな連中ばかりなのでかなり楽しいです。
マジレンジャーの冥府神と比べるとはまったく対照的ですね。
これからもセイザーXとデスカルの活躍に期待したいと思います。

2005年11月27日(日)

●その実物がカオスビーストだ

ベーシックパックを開封して、色々とカードを見ながら暫定的にデッキを組んで対戦をしました。
さすがに一気に200種類に増えたので、どれをどう使っていいのか分からない状態でしたが、それが楽しかったわけなんですけどね。
そんな中で私は前回のデッキが緑メインだったということも含めて緑の大陸を使用した単色デッキを構築しました。
使用コストの割にはパワーが高いキメラを多めに投入し、ベースの「妖精の風車」で「加速」を得て、相手を倒していくという単純なコンセプトのデッキです。
パワーサイズの大きさも手伝って中々の勝率を収めることができました。
友人たちは黒青や赤でデッキを構築していました。
「メデューサ・ヘッド」や「チャレンジャー・ソウル」がとっても嫌でした。

先ほど、カードリストを見ていたら、何だか白でもデッキが組みたくなったので今度の対戦のときまでに考えてみたいと思います。

2005年11月26日(土)

●ディメンション・ゼロ

日記でもたびたび登場しているトーレディングカードゲーム「ディメンション・ゼロ」が本日発売となりました。
昨日も日記に書いたように非常に楽しみにしていました。
カードの種類も一気に200種に増えたので、色々なタイプのデッキが組めるようになります。
今まではカードの少なさにやきもきしていたのでこれからが本番ですね。
さて、下記が今回の購入記録です。

  • ディメンション・ゼロ「ファースト・センチュリー ベーシックパック」×20箱
  • ディメンション・ゼロ「ファースト・センチュリー フレイム・アンド・シャドー」×3個

今回は今までの購入記録を更新しました。
20箱は1カートン分で、ダンボール1箱分ということです。
エイジやLyceeに比べて値段が安いので、これだけ買ってもいつもと同じぐらいの金額しか掛かっていないのですけどね。
今日と明日はディメンション・ゼロに明け暮れることにします。

2005年11月25日(金)

●叫べその名前をX!!

やっとセイザーXの主題歌CDが発売されました。
放送されてから約2ヶ月、長かったですね。
如何にも特撮らしいOPとEDでとても気に入ってきます。
しかし、歌の収録時間がOPは4分半ほどあるのですが、EDが3分ほどしかないので、それが不満といえば不満ですね。
今回は他のCDやDVDの発売日が密集していたので必要以上の出費になりました。

さらに、明日は待ちに待ったディメンション・ゼロの発売日です。
ディメンション・ゼロを知ってから約3ヶ月、この3ヶ月はとても長く感じましたが、今週はFFをプレイしていたせいもあり、意外に短く感じましたね。
今日の出費にさらに明日のディメンション・ゼロの分がプラスされるので、出費のことを考えるのはやめます。
明日が待ち遠しいです。

2005年11月24日(木)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その5

今回はついに念願のサポートジョブを獲得することが出来ました。
初テレポ、初航海、初デジョンと初体験が満載でした。
実際はリンクシェルの皆さんが手伝ってくれたお陰で私はみなさんの後ろを歩いているだけでしたけど…。
それにしてもリンクシェルの皆さんはほとんどがMAXレベルの75の方々ばかりで、とても強かったです。
私を囲んで皆さんが敵を排除していく様はなんとなくお偉いさんになった気分でした。
まぁ、解散時にD2の意味がわからず、ぼーっとしていたら、デジョンIIでホームポイントのマウラまで戻されたのも良い思い出です。
私もいつかリンクシェルの皆さんの様な冒険者になれるようにがんばりたいと思います。


外にSee Horroが出現する中、私は船倉で震えていました

2005年11月23日(水)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その4

今回はいつものように非効率パーティーを組んで狩りをしていました。
前半は楽レベルを乱獲していました。
1回でもらえる経験値は少ないですが、連続で敵を狩れるためにトータル的には中々の効率でした。
後半はエルさんが習得した釣りを使用して強いレベルを狩っていました。
今回は敵を上手く釣ることが出来たので、非効率パーティーにしてはかなりの効率が出せました。
それでもフルパーティーの効率に比べれば大した事ないのでしょうけどね。


渾身の一撃をくらえ!

2005年11月22日(火)

●穂波 Vol.03

ゆのはなより、桂沢穂波です。
前回同様のデザインですが、よろしければお持ちください。
今回でゆのはなシリーズは終了です。

●PS2版CLANNADの発売日が決定したらしい

発売が今冬となっていたのでもしかしたら年内発売かとドキドキしていたのですが、発売日は2006年2月23日らしいです。 とりあえず、発売が来年で一安心です。
今冬といかいって本当にギリギリ冬って時期に発売ですね。
でも、SSのKOF'96の発売予定が年内で12月31日に発売されたことに比べればたいしたことありませんね。
あと、2月23日に他にもなんか買うものなかったと記憶の糸を辿るとさりげなくGAIIが同じ発売日ですね。
欲しいソフトが同じ発売日とは困りものです。
まぁ、相談して購入を検討したいと思います。
あとは、今冬発売の聖剣伝説DSの発売日が被らないのを祈るばかりです。

2005年11月21日(月)

●テレビを消し忘れたそんな日は

いやね、先ほど気付いたのですが、ずっとテレビがつけっぱなしでした。
昨日みんなで集まったときにドラゴンボールZ Sparkingをプレイしたのですが、きっとそこからPS2の電源は切ったのにテレビの電源を消さずに放置していたみたいですね。
あそこのテレビは結構消し忘れをするんですが、まる1日つけっぱなしは記録更新です。
テレビゲームをやった際は必ずビデオの状態から戻すという癖をつけとかないといけませんね。

2005年11月20日(日)

●来週のD-0に備えて

今日はD-0を対戦するためにいつものメンバーと集合しました。
D-0を対戦するという名目で集まった割には2戦ほどしか対戦しませんでした。
来週には嫌と言うほど対戦するわけですから、無理には対戦せずにダラダラといつも通り過ごしていました。
あとはエイジを対戦しました。
友人の考えきたアルキオーネデッキはよく良い感じにデッキが組まれていたのですが、盛り上がりがイマイチでしたね。
やはり、D-0の勢いは止まらないみたいですね。
来週がとても楽しみでなりません。

●特選ギフト

コンビに寄ったときに特選ギフトという食玩が売っていたので買ってみました。


日清オイリオグループ ヘルシーオイルセット


三輪そうめん山本 そうめんセット

上記の製品が出ました。
とても精密に出てきて良い感じの仕上がりでした。
最近の食玩のデキには驚かされるばかりです。
友人と1つずつ買ったのですが、さり気に家に置いてきやがりました。

2005年11月19日(土)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その3

最近はコンシュタット高地に篭ってレベル上げに専念しています。
休憩中にスケルトンやゴブリンに絡まれたり、トカゲに石化されてHPが赤くなったりと色々と死線を彷徨いましたが、なんとかレベル15まで成長することができました。
とりあえずは前回と同じレベルになれました。
この調子でレベル18まで駆け抜けて行きたいと思います。


コンシュッタト高地にて

2005年11月18日(金)

●新カード公開 その12

D-0のオフィシャルに新カードの情報が公開されていました。
カード情報以外のネタがないのでしょうか?
こっちとしてはネタに困らなくて良いのですけどね。
それでは、いつものように新カードについて感想を書いてみたいと思います。

●冥界の通廊
セットされているラインにいるユニットがバトルに勝利すると墓地に送られるカード。
「オーロラウイング・ペガサス」と組み合わせるとえらいこになりますね。

●魔獣王ティラノギア
使用コスト緑1無5、パワー7500、スマッシュ2という「ロマネ・コンティ」に優らぬとも劣らぬユニット。
しかし、特殊能力が「兎娘キューティ・バニー」と同じなので手札よりもプランから召喚したいですね。
名前からしてイラストがかっこよさそうです。

2005年11月17日(木)

●新カード公開 その11

D-0のオフィシャルに新カードの情報が公開されていました。
来週発売なのにいつまで公開するんでしょうか?
それでは、いつものように新カードについて感想を書いてみたいと思います。

●真夜中の狩人ミュラー
使用コストが黒2無1で、パワーが3000と標準的なステータスですが、特殊能力が結構いやらしい。
特殊能力は「このカードがスクエアから墓地に置かれた時、あなたは自分の墓地にある対象の使用コスト3以下のユニットを1枚選び、持ち主の手札に加える。ただし、種族「ヴァンパイア」のユニットは選べない。」といものです。
ドローとは違い自分の好きなカードが回収できる点がいいですね。

●聖騎士ホーリー・サーベル
こちらも使用コストが白1無3で、パワーが4000と標準的なステータスです。
しかし、攻撃されたときのみ自分のパワーを+2000する特殊能力を持っています。
コストをあと1払えばパワーが6000の「聖騎士ホーリー・フレイル」が召喚できるのでコストを取るか、安定性を取るか悩むところです。

2005年11月16日(水)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その2

今回は3人でパーティーを組んで狩りにいってみました。
パーティーを組むと経験値効率がよくなるのですが、我々の経験値効率イマイチでした。
しかし、スキルレベルがガンガン上がったので良しとしましょう。
それにしても何がいけなかったのでしょうか?
パーティー編成は戦士、戦士、白魔道士という編成なので別段悪いとは思わないのですけど。
やっぱり、戦士のくせに盾になれないタルタルとか、白魔道士のくせにケアル数回でMPが尽きるガルカがいけなかったのでしょうか?
それでも、パーティー戦は大変楽しかったので、また、みんなの都合が合うときは一緒に狩りに行きたいですね。


クゥダフと熱いバトル

2005年11月15日(火)

●椿 Vol.03

ゆのはなより、高尾 椿です。
前回同様のデザインですが、よろしければお持ちください。

●こんな戦法もアリ!?

D-0で新たな戦い方が掲載されていたので紹介したいと思います。
例えば、中央エリアに相手の「ロマネ・コンティ」がいたとします。
自分の手札は「ディメンション・ロード」と「グレン・リベット」があるとします。
この状況でプランなどを使用せずに「ロマネ・コンティ」を倒すことが可能なのです。

まずは、中央エリアに「グレン・リベット」をプレイします。
その後、ダメージスタックが乗ったあとに「ディメンション・ロード」を「グレン・リベット」に使用して手札に戻します。
あとは再び中央エリアに「グレン・リベット」をプレイすればめでたく相打ちが取れます。

簡単に説明すると最初の「グレン・リベット」のダメージスタックは解決時に目標が適正なので「グレン・リベット」の有無に関わらず、適応される。
しかし、「ロマネ・コンティ」のダメージスタックは解決時に目標が不適正なので消滅する。
最後に再び、プレイされた「グレン・リベット」と「ロマネ・コンティ」が普通にバトルして相打ちになるといったところです。

これは今までのカードゲームになかった概念なのでビックリしましたね。
今回のことでよりD-0の戦略の幅が広がったという感じです。

2005年11月14日(月)

●ビックリマンが復刻

今年で20周年を向かえるビックリマンが「ビックリマン20thアニバーサリー アンコール版」として11月15日に首都圏で期間限定発売されるそうです。
それにしてもビックリマンは懐かしいですね。
私も当時は必死に集めていたものです。
でも、シールだけ回収してウェハースを捨てる人がいたのはちょっと悲しいですね。
私は基本的に自分で食べてましたが、いらなときはウェハース回収屋にあげてました。
大体、1人ぐらいはみんなからウェハース貰って食べてる奴はいましたよね。
それとビックリマンの話になると必ず出てくるロッチの存在も忘れてはいけませんね。
ロッチとはビックリマンシールのパチ物だと思ってください。
パチ物と分かっていても、なぜか購入していたものです。
ロッチのチの部分を削って無理やりロッテにするとい荒業もありました。
個人的にはこちらが復刻して欲しいなと思っていたりします。
なにはともあれ、首都圏にお住まいで、そんな懐かしい思い出に浸りたい方は購入されてみてはいかがでしょうか?

2005年11月13日(日)

●ゆっくりしようと思ったら…

最近はD-0やFFやらで忙しかったので、今日はゆっくりと過ごそうと思っていたら、誰かさんが突然FF始めるなんて言い出したら大変だ。
あーだ、こーだと色々と教えていたらいつの間にか時間が経っていて、とてもゆっくりなんてしていられませんでした。
まぁ、新しいメンバーが増えたことによって色々と出来ることが増えたのはありがたいですけどね。
くれぐれもプレイのしすぎには注意してくださいね。


北グスタベルグにて

2005年11月12日(土)

●キミは気付いていたか!?

あと、2週間でベーシックパックが発売されるD-0ですが、ストラクチャーデッキ1とストラクチャーデッキ2に収録してあるカードに違いがあるのをご存知ですか?
まずは、下の画像をご覧下さい。



上の画像はストラクチャーデッキ1に収録されている「ロマネ・コンティ」とストラクチャーデッキ2に収録されている「大巨人ムーン・イーター」の一部を抜粋したものです。
すでにお気づきの方もいると思いますが、play⇒使用コスト、move⇒移動コストの様にコストの表示が変更されているのです。
それにともないカードの種別表示が下から上に変更されています。
今回紹介したのはユニットのカードですが、ストラテジーやベースも同様に変更されています。
だからどうしたというわけではないですが、D-0プレイヤーのみなさんはお気づきだったでしょうか?
変更に気付かなくてもプレイに支障ないんですけどね。
ちなみに、私はストラクチャーデッキ2を初めて触ったときにすぐに気付いたような気がします…。

2005年11月11日(金)

●新カード公開 その10

D-0のオフィシャルに新カードの情報が公開されていました。
それにしても、もう10回目ですか早いものです。
カード情報を公開してくれるのは嬉しいのですが、あんまり公開されるのも困りものです。
それでは、いつものように新カードについて感想を書いてみたいと思います。

●ギガンティック・スカルドラゴン
使用コストが黒1無6なのにパワーが5000とちょっと低めです。
しかし、特殊能力により召喚されると相手の手札をランダムで1枚捨てることができます。
特殊能力を上手く使えれば活躍できそうですが、やっぱり、ちょっと重いですかね。

●転送ステーション
セットされているラインの自分のユニットに特殊能力『[青2無1]《バトル》このカードを持ち主の手札に加える。』を与えるカード。
相手が中央エリアに直接ユニットをプレイしてきた時なんかに発動すると良いかもしれません。
あとは、「玩具商人ペンギン・ポー」がこの特殊能力を使用すると素敵かもしれません。

2005年11月10日(木)

●もふのヴァナ・ディール冒険記 その1

本日からはじまります「もふのヴァナ・ディール冒険記」ですが、先日復帰したFFXIの活動なんかを不定期に掲載していきたいと思っています。

前回から日々レベル上げに明け暮れています。
ただ、FFXIをやめていた間に色々と仕様が変更されて、比較的序盤のレベル上げが楽になっていますね。
今回はジョブが戦士という事もあるのでしょうけど。
現在の目標はサポートジョブが獲得可能なレベル18まで上げることで、早く目標レベルを達成できるようがんばります。


戦士らしい容姿になりました

2005年11月09日(水)

●新カード公開 その9

D-0のオフィシャルに新カードの情報が公開されていました。
いつものように新カードについて感想を書いてみたいと思います。

●特攻戦鬼韋駄天丸
使用コスト:赤1、移動コスト:赤1という赤の最軽量ユニット。
パワーが500しかありませんが、スマッシュが1あります。
後半に止め要員として活躍しそうです。

●異端裁判所
セットされているラインの相手ユニットの移動コストに無2を追加するカード。
無色とはいえエネルギーが2も増えるで相手は相当移動し辛いでしょう。
中央エリアに自分のユニットがいるときに使用するといいかもしれません。

2005年11月08日(火)

●わかば Vol.03

ゆのはなより、伊東わかばです。
前回同様のデザインですが、よろしければお持ちください。

●再び、ヴァナ・ディールへ

先日、FFXIを始めた友人からサポートジョブを獲得したので「お前も来い」とお誘いがあったので再びFFXIを始めることとなりました。
前回は3ヶ月でレベル15だったんですが、今回はどこまで行けるのでしょう。
せめてサポートジョブを獲得するまではがんばりたいと思います。
ということでヴァナ・ディールへ行ってきます。


モグハウスにて

2005年11月07日(月)

●エヴァンゲリオンの香水

新世紀エヴァンゲリオンのレイとアスカの個性を表現した香水が発売されるそうです。
レイ専用香水はボトルケースにレイのプラグスーツをイメージさせるホワイトパールカラーを配色し、香りは人工的イメージから母性を感じさせる香りに変化するマリンフローラルだそうです。
アスカ専用香水はボトルケースにアスカのプラグスーツをイメージさせるレッドパールカラーを配色し、香りは二面性イメージから、どこか儚さを感じさせる香りに変化するスパイシーフローラルだそうです。
価格は各8400円で予約が各500個を越えると生産が決定し、合計1500個で受付が終了します。
それにしても、これを購入する人はいわゆるオタクと呼ばれる人が大半だと思われます。
そのオタクが香水を買うとは思えませんが、こういった商品を購入する人は使用するために購入しないからなんでもいいのかなと思いました。
あと、エヴァンゲリオンが10周年と宣伝されていますが、エヴァンゲリオンが10周年というよりも、レイとアスカが10周年といった方が適切じゃないかと思うこの頃です。

2005年11月06日(日)

●カードの巡りがイマイチな時は

今日は5戦ほど対戦しましたが、結果は2勝3敗でした。
前半戦はカードの巡りがイマイチだったということ、アグレッシブに攻めすぎたのがいけなかったのかわかりませんが3連敗をしてしまいました。
後半戦はカードの巡りもよく前半ほどアグレッシブに攻めることを止めたので連勝することが出来ました。
まだまだ、対戦経験が足りないにも関わらず、対戦せずにまだ見ぬカードに思いを馳せたりしていました。
ベーシックパックが発売される前にもう1回ぐらい対戦したいものです。

2005年11月05日(土)

●新カード公開 その8

D-0のオフィシャルに新カードの情報が公開されていました。
いつものように新カードについて感想を書いてみたいと思います。

●黄泉返りの呪法
自分の墓地からユニットを2枚まで回収できるカード。
2枚まで回収できるとはいえユニット限定なので使いづらいかも?
しかし、現状で黒の大陸がどういった感じのカードで構成されているかわからないので、ベーシックパック発売後に期待しましょう。

●ドレッド・ドラゴンフライ
「マーダラー・マンティス」と似たような特殊能力を持った軽量級ユニット。
「マーダラー・マンティス」と違い、ユニットのいないラインしか動けませんが、能力コストが青2無1とちょっと軽い。
やはり、パワーが低いのがネックですが、止めにはもってこいのユニットだと思います。

明日の対戦に備えて、赤青でデッキを完成させました。
思ったとおりの動きが出来るかとても楽しみです。

2005年11月04日(金)

●参加できなかったそうで

Masaさん達がD-0のビフォア・センチュリー・カップに出場しようとしたらしいのですが、抽選漏れで参加できなかったそうです。
しかし、この前の集会の時には参加する話はでていなかったのでビックリしました。
出場していたら、実際に出場してみてどうだったか、感想を聞こうと楽しみにしていたのに残念です。
大会には出場できませんでしたが、みなさんD-0で盛り上がれたようなのでよかったです。
現在、ディメンション・ゼロ普及員会中部支部では会員を募集しているので、中部地区にお住まいでD-0に興味がある方は参加してみてはいかがでしょう?

2005年11月03日(木)

●ネット同棲

中国ではネット同棲と呼ばれるネットゲームが流行っているそうです。
簡単に説明するとユーザーは登録すると部屋がもらえ、写真などの宣伝手段をつかい相手を探します。
相手を見つけて求愛が成立すると夫婦として一緒に生活することになります。
部屋の内装を変更したり、家具や電化製品などを購入することが出来ます。
内装の変更や家具の購入には料金が発生するので、ウェブマネーみたいなもので購入するそうです。
ネットゲームというよりはコミュニティみたいな感じですね。
それにしても世の中には色々なサービスがあるもんですね。

2005年11月02日(水)

●挑戦者の魂

今度の対戦までに赤と青でデッキを組みたいなと思い色々と考えている次第です。
そんな中でベーシックパックに収録されている赤のストラテジーの「チャレンジャー・ソウル」が欲しくてたまりません。
「チャレンジャー・ソウル」があれば「マーダラー・マンティス」も「ギガント・オクトパス」も安心して特殊能力が発動できるというものです。
しかし、ないものねだりをしても仕方がないので、現状の環境で最善と思われるデッキを構築したいと思います。

あと関係ないですが、チャレンジャーの1面のボスに100回攻撃すると倒せると聞いたのですが、どう考えても無理ですよね。

2005年11月01日(火)

●ゆのは Vol.03

ゆのはなより、ゆのはです。
いつも通りのシンプルデザインですが、今回は左上の四角がアクセントとなっています。
いつものようにお気に召しましたら、お持ちください。

●今後のエイジの行方

30日の日記を読んだ友人に「もう、エイジやる気ないよね」と言われました。
まぁ、確かにD-0のことばっかり書いてありますけど。
この前の集会の時にも話題になったのですが、現状ではエイジよりもD-0の方が面白いんですよね。
今回のエキスパンションでもパッとしたカードが見受けられなかったので今一テンションがあがらないんですよね。
とはいえLyceeのときもそうだったので、一概に言えませんけど。
エイジの次期エキスパンションは4月発売らしいので、それまでD-0のテンションが保たれているなら、エイジをやめるという選択肢も出てくるかもしれません。
しかし、D-0のテンションがどうあれ、エイジの次期エキスパンションは購入したいと思っています。

TOPへ